GK 指導 その2 顔の前キャッチ

俺 GK やりたい! やってみたい!という 子供達が居たら

1:まずは素手で勝負

  グローブはめていると本来のキャッチがわかりずらいです。
  (手の大きさも)
  2mくらいの距離から 下手投げでゆっくり 

   顔の前

  にボールを投げてあげましょう。

  *最近の子供は 空き地で 「野球」をやっていません。
   驚くほど ボールをキャッチする のが 苦手です。

2:恐がらないように

  顔の前に投げてあげると

  ・のけぞる
  ・横向く
 
  等になります。 また

  ・ボールをはさみこむ

  子供もいます。

  そこで 強いボールを投げると

   顔に当たります

  *二度と GK やらん! という結果にならないように。。

3:緊張しないように

  子供は 練習だと思うと 

   力が入ります。
 
   全身 ガンダム で ボールを 敵のように 防御 して

  しまいます。

***さあ どうするか

 1)仰向けに寝させて ボールを上から落としてあげる

   これはあちらこちらで 推奨されています。
   試してみましょう

 2)コーチがボールを持ったまま 飛んでくるボールをイメージさせてあげる

   昔 飛行機の模型を持って キーン とか ヒューンとか やったことを
   思い出し。

    ・まず 顔の前に 手で形を作って 待たせる
    ・そこへ コーチの持った ボール が 着陸→ パフ!
     (力を抜いておくように)
  
    行くぞ! ボールが ポス!パス! ほら 収まった!

    これを何度も繰り返す。

こんなことをしながら

   手で形を作って 
   力を抜いて 待っていたら
   そこに ボールが 収まる

感じをつかむことで いかがでしょうか・・・・・・・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント