GK 指導 その1

記念すべき その1 富山ビジネスホテル にて
自動販売機で スーパードライを買うはずが 天然水割り BLACKを購入してしまった。

その1 GKやりたいやつ この指止まれ・・・。

1)小学校の時は、ミニゲームなどで必ず 交代 でキーパーをやりましょう。
  おっちゃんの持論的には 高学年公式戦 でも そうしたいです。
  そうすることによって GK というものを 知る子供が増え
  サッカーのおもしろさ を もっと知る 子供が増えるのです。

2)「ドイツでは能力の一番高いものがGKをやるのだ。」

  殺し文句です。
  ドイツの代わりに フランス でも ブラジル でもかまいません。
  (ウソではありませんので)
 「能力って何?」と聞かれたら
  聞いた本人の得意そうなことを言ってあげましょう。
  声がでかい、まわりが見える、早い、器用、・・・・

  決して能力=背が高い、体が大きい ではありませんので念のため

3)ずっとGKは?

  もしGKやりたいとか おお やれるじゃないか という子供を見つけても
  辛抱 辛抱。 小学生のうちは サッカーのスキルを
  養う時期。練習時間のうちの ほんの少し でいいと思います。

4)道具は準備してあげる

  土のグランドは 痛い・・・・。
  最初は 肘当て ヒザ当て グローブ などを 共用するのもいいかもしれません。
  
  キーパーの練習 するときは 「半そで」は土のグランドでは いただけません。。

  痛い 経験をすると 本能がじゃま をするようになってしまいます。

 以上のような働きかけはいかがでしょうか?

 意外と 試合に勝つための 秘訣かもわかりませんよ・・。











  


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント